イザラ書房の
 『新刊・増刷』情報
●ホームページ・トップへ ●編集室便り・トップへ 書籍一覧 哲学・思想・神秘学 芸術 クラフト シュタイナー教育+α 人智学農業・医療 人智学社会思想 絵本 ビデオ・カレンダー イザラの軌跡 ●ショッピング・カート 編集室便り 新刊・増刷・おすすめ 魂のこよみ 四季の祝祭 推薦イベント エッセイ・お知らせ from白樺図書 Gallery としくら えみ ダニエル モロー 会社情報 イザラ書房紹介 常備協力書店 リンク メール



■『いま、シュタイナーの「民族論」を
  どう読むか』
品切 シュタイナー著/松澤正博・西川隆範訳
Copyright 1992 /四六判上製 248p/ISBN 4-7565-0047-1 定価 1,575円(1,500円 + 税)

【内容】

20世紀の終末的危機。それは人類共同体そのものの危機に発展するのでしょうか。 世界を震撼させ続ける「民族・人種・宗教問題」、深刻化するこれら根本的な問題に対して、 人智学/精神科学のかかわりとはを示しています。

【目次】

第1部 「シュタイナー民族論」への出発

 民族神と人間
 黙示録の光に照らした20世紀末
 ヨーロッパのジーニアス
 マルスの力
 アラビズム、
 そしてロシア文化期
 第二の故郷

第2部「シュタイナー民族論」からの出発

 民族とは何か
 20世紀末の民族
 引き裂かれた民族
 民族魂の対極・モンゴル人種とセム族
 アラブとスラブ、ペルシャ、インド、ゲルマン、
  そして黒人種
 民族問題の未来

第3部 まとめとしての対話