イザラ書房の
 『新刊・増刷』情報
●ホームページ・トップへ ●編集室便り・トップへ 書籍一覧 哲学・思想・神秘学 芸術 クラフト シュタイナー教育+α 人智学農業・医療 人智学社会思想 絵本 ビデオ・カレンダー イザラの軌跡 ●ショッピング・カート 編集室便り 新刊・増刷・おすすめ 魂のこよみ 四季の祝祭 推薦イベント エッセイ・お知らせ from白樺図書 Gallery としくら えみ ダニエル モロー 会社情報 イザラ書房紹介 常備協力書店 リンク メール



■『【改訂版】ちいさな子のいる場所』
   〜妊娠・出産・私の家のシュタイナー教育〜

としくら えみ著・絵
Copyright 2006/A5判 168p/
ISBN 4-7565-0102-8
定価2,100円(2,000円+税)


【内容】

妊娠から出産そして赤ちゃんとの生活について、シュタイナー幼児教育家の実体験による 家庭でできるシュタイナー教育のさまざまな工夫が盛り沢山です。

巻末付録には作者によるペン画のすてきな春、夏、秋、冬の季節のテーブル・イラスト付。
話題の“大人のための癒し”塗り絵にもなりますので、どうぞお試しください。


【目次】

第1部 出産〜赤ちゃん〜幼い子どもの生活

 ・出産のこと
 ・赤ちゃんの生活
 ・幼い子どもの生活

第2部 家庭でできるシュタイナー教育
   -1999年9月福島県清水学習センターでの講演より

 ・ワーグナーさんの絵本との出会い 
 ・第一七年期の教育 2−3.自然のものを与える 
 ・子どもの心とからだを考えて! 
 ・意志の教育 
 ・お絵描きは表現の場 
 ・価値観を持つ必要性 
 ・おはなしをしてあげることの勧め 

第3部 おわりに 

第4部 参考資料 

第5部 季節のテーブル(ペン画イラスト)


【著者紹介】

1963年 東京生まれ。東洋英和女学院短期大学保育科卒業後、私立コドモの園幼稚園勤務。ドイツのデュッセルドルフにあるシュタイナー幼稚園にて実習。スイスのドルナッハにあるゲーテアヌム絵画学校(ゲラルト・ワーグナ氏主宰)にて水彩画を学ぶ。ぬらし絵とクラフトのクラス“キンダーライム”主宰。日本各地で絵のクラスを持つ。月刊『クーヨン』(クレヨンハウス刊)にてコラム連載中。著書『魂の幼児教育』『子ども・絵・色』(イザラ書房)


【編集者コメント】

 シュタイナー幼児教育家で画家でもある著者が体験した、妊娠と出産の実際が、教育的あるいは芸術的観点から詳細に描かれ、どなたにも参考になるであろう貴重なアドヴァイスが収められています。
 妊婦になったときの気持ち、出産の実際は女性にはひどく不安なものですが、この本が傍らにあれば、な?んだ、こんなに簡単で素敵な事にもなるんだと納得する方も多いのではないでしょうか?
また、幼い子どもにとって弊害のあるもの?大きな電子音、騒々しさ、TVやコンピュータゲーム他?が、頭からではなく、しっくりと身体でわかるような語りかけをしています。そしてお母さんになるひとの、心の穏やかさ、静けさの必要性がどれほど大切か、実体験に即して書かれています。
 この本はシュタイナー教育の理論書ではありません。著者のとしくらさんの道案内で、遊びながらできるシュタイナー教育の実践によって、シュタイナー的上質な、しかし高価なものでもお金のかかるものでもない生活を送るための良質なガイドブックなのです。