イザラ書房の
 『新刊・増刷』情報
●ホームページ・トップへ ●編集室便り・トップへ 書籍一覧 哲学・思想・神秘学 芸術 クラフト シュタイナー教育+α 人智学農業・医療 人智学社会思想 絵本 ビデオ・カレンダー イザラの軌跡 ●ショッピング・カート 編集室便り 新刊・増刷・おすすめ 魂のこよみ 四季の祝祭 推薦イベント エッセイ・お知らせ from白樺図書 Gallery としくら えみ ダニエル モロー 会社情報 イザラ書房紹介 常備協力書店 リンク メール



■耕文舎叢書-4
 『体と意識をつなぐ四つの臓器』

W・ホルツアッペル著
/石井秀治・三浦佳津子・吉澤明子訳
Copyright 1998/A5判 134p/ISBN4-7565-0077-3
定価2,310円(2,200円+税)


【内容】

肝臓は力を、肺は思考のかたさを、腎臓は生気を、心臓は支えを与えます。
臓器と魂の相互的で密接な関係の世界を、本書が解き明かします。


【目次】

一、臓器と生体組織
二、肝臓(肝臓は行為に向けて力を与える)
三、肺(肺は思考にかたさを与える)
四、腎臓(腎臓は魂のいとなみに生気を与える)
五、心臓(心臓は内なる支えを与える)
六、臓器に属している周辺領域